安全衛生への配慮

安全・衛生管理を最重点にし、農場内には関係者以外の立ち入りを禁止し、豚舎への入退室時には入浴し、持ち込む物は殺菌灯で減菌するなど、雑菌を持ち込まないよう細心の注意を図っています。

外からの雑菌をシャットアウト、安全で健康な豚を飼育します。
豚舎内に持ち込むものは、身の回り品全てが殺菌灯で減菌されます。
豚舎内に入るとき、外履きを消毒槽につけ、さらに内履きに履き替えてから入ります。

安全な飼料

発育状況に応じて飼料の配合を調整

  • 完全配合飼料を使用
  • 生後45日齢以降は、配合飼料から抗生物質を排除
  • 動物性タンパク質は生後70日齢以降は不使用
  • 生後70日以降はリキッド飼料
  • 肥育期飼料に保水性、肉食が良くなるビタミンEを強化

生産環境・飼育の安全性

SPF管理基準に基づく徹底した防疫管理

  • SPF基準に基づき、農場内の衛生状態を厳格に規制しています。
  • 農場への搬入物は、すべて消毒または殺菌灯での減菌を行なっています。
  • 豚舎への入退室時にはシャワーを浴び、場内専用着に着替え、内靴に履き替えます。
  • 豚舎入室ごとに内靴の消毒を繰り返します。
  • 場外と場内はゲート、フェンスで区切り、関係者以外や野生動物の侵入を防いでいます。

自社内家畜診療所による健康管理・衛生管理

  • 日々の健康管理はもちろん、豚が体調を崩しても速やかな処置が行なわれます。
  • これまで養豚上の問題となる大きな疾病は発生していません。
  • 家畜診療所では農場内での使用薬剤の管理も行なっています。

環境への配慮

農場内完結型の環境対策