八幡平ポークの特徴

恵まれた農場環境

私たち八幡平養豚組合の所在地は、秋田県鹿角市の雄大な十和田・八幡平国立公園に囲まれております。ですから、綺麗な空気とミネラル豊富な天然水を使える恵まれた環境の中にあります。

谷内農場(本社)
乳牛山GP農場
あけぼの農場
男平農場
大林農場

肉質・味

  • 獣肉のようなニオイがしない。
  • 脂にコクがあり、べたべたしない。
    (さっぱりしている)
  • 赤身のきめが細かく、ジューシーで柔らかい。
    (調理後冷めても柔らかい)
  • 肉質のばらつきが少ない

豚は生き物なので個体差があるものですが、八幡平ポークは他に比較して、日本格付協会による格付けが上物中物比率90%以上という数字で示されるように、そのバラつきが少ないのです。
そして、肉質のばらつきが少ないという事はどこでお求めいただいても、美味しい豚肉を味わう事ができるのです。

いいとこどりの豚「ハイポー豚」

養豚先進国である「オランダ」で計画的に交配で作出された品種です。一般的に流通している白豚は、3系統交配により生産される「三元交雑」種ですが、「ハイポー豚」は4系統の豚の良いところだけをかけあわせた「四元交雑」種です。従って品質にバラツキもなく、保湿性が高く、柔らかで、きめ細やかな日本人の食味にあった肉質が特徴の「美味しい」豚肉です。

ハイポー豚の特長

  • 枝肉ごとの品質にばらつきがなく高い均一性を有しています。
  • 保水性が高く、締りのよい豚肉です。
  • 適度な背脂肪の厚さがあります。
  • ポークカラースタンダードの理想色3に限りなく近い肉色です。
    (参考)   公益社団法人日本食肉格付協会 豚枝肉取引規格
  • ロース比率が高く、産肉性に富んでいます。柔らかく、味の良い豚肉です。

豆知識

効率的な飼料給餌方法

豆知識

エキスパンダー加工とは・・・
配合した餌を高圧縮し、そのとき発生する熱(約130℃)を利用し加熱殺菌処理する技術です。エキスパンダー加工により、非常にクリーンで高効率な餌が出来上がります。

豚肉の安全性

徹底した衛生管理で中から外から雑菌をシャットアウト

一貫経営の農場(子豚の生産から肉豚の出荷まで、同一の施設内で行う)なので、出荷されるまで外部との接触がありません。そうすることで、病気の原因をシャットアウトでき、豚にとっても好ましい環境が整えられているので、抗生物質等の薬を使用することがありません。なので、豚肉に抗生物質等の残留することはないのです。
また、組合内に家畜診療所があり、獣医師による健康管理も徹底して行っています。
肥育豚の餌については生育の段階毎に飼料の内容を変え、トウモロコシ中心の植物性タンパクを十分に与え、動物性の飼料は使用していないのも特徴です。